保険を見直して不必要な保障を省く

保険を見直して不必要な保障を省く

保険を見直して不必要な保障を省く

生命保険には、さまざまな種類や保障があるため分かりづらいと感じている方が多いでしょう。
簡単に分けると定期タイプと終身タイプの2種類があり、定期タイプは保障期間が限定されているのに対して、終身タイプは保険料の払込が終わっても保障が一生涯続くのが特徴です。
また、保険の保障内容もパッケージ保険とアカウント型保険があります。主契約があり、必要に応じて特約を付けることができるという点は共通しています。基本となる主契約が終身保険であって、死亡保障や三大疾病保障、入院保障、手術保障などが付いた充実した保障内容となっています。このような保険なら備えが万全ですから、万一の際にも十分な保障を得ることができます。
しかし、実際には必要のない特約が付いている場合があります。例えば、主契約に三大疾病特約が付いている保険だとすると、その保険以外に三大疾病保険やガン保険に加入していれば、保障が重複することになります。特約が増えれば、その分保険料も高くなってしまいますから、無駄なものは省いても差し支えないでしょう。

 

このように余分な保障を外すことで、保険料を抑えることができますから、自分にとって必要な保障だけを揃えれば最適な保険に変えられます。
しかし、自分が加入している保険の保障内容について十分に理解することは難しいかもしれません。それ程現在の生命保険は複雑化しているのです。加入者は保険金が支払われると思っていたのに、請求してみると保障の対象外となっていたというケースも多く聞かれます。保険の内容が複雑過ぎてよく分からないというときは、一度保険の見直しをおすすめします。必要な保障は残し不必要な保障は省いて、最適な保険を組み立てることで、保険料負担を減らすこともできます。
また、加入前には保険の内容を十分理解しておくことが大切です。
保険は範囲が広く素人には難しい部分もありますから、プロのいる相談窓口を利用することをおすすめします。


ホーム RSS購読 サイトマップ