保険を見直せば日本の景気が良くなる?

保険を見直せば日本の景気が良くなる?

保険を見直せば日本の景気が良くなる?

日本人は生命保険に加入している人が多くいらっしゃいますが、その加入率は先進国の中でも最も高い数値を示しています。全世帯中90%という多くの方が生命保険に加入しており、万一の際に備えています。
また、生命保険に加入している方が負担する保険料は、平均で年間46万円という大きな金額となっています。この数字を計算すると、日本全体では40兆円という莫大な規模になるのです。

 

この40兆円という数字は、日本の国内総生産(GDP)から見ても非常に高い割合を占めています。国内総生産は550兆円となっており、そのうちの133兆円が小売業、30兆円が外食産業、11兆円が国内新車販売となりますから、保険の40兆円は外食産業全体よりもはるかに多い金額と言えます。

 

現在支払っている保険料が高いと感じていても、皆が払っているなら仕方がないと考えてしまうかもしれませんね。しかし、もう少し安く抑えることができたら、浮いたお金を他のことに回せるようになります。預金にしてもいいですし、旅行に行ったり欲しいものを買うこともできるようになります。
そうなると消費が増えますから、日本全体の景気が活性化するのです。
もし保険料が1割減ったら、4兆円が他の分野に使われることになりますね。全体的に潤い始め、景気が良くなると言われています。

 

保険料の見直しは、加入者の保険料負担を減らすだけでなく、日本の景気を良くするために一役買うのです。加入中の保険を今一度見直してみませんか?


ホーム RSS購読 サイトマップ