保険を見直して保険料負担を抑える

保険を見直して保険料負担を抑える

保険を見直して保険料負担を抑える

毎月支払う保険料は少しでも安く抑えたいものです。
しかし、実際には一世帯当たりの平均保険料は年間で46万円という調査結果になるなど、保険料が家計の負担になっていると感じている方は多くいらっしゃいます。年間で46万円ということは、毎月3万8千円もの保険料を負担していることになります。この金額は大きいですね。

 

あくまでも平均ですから、自分が支払っている保険料はもっと高いという方も多いのです。現在加入中の保険で、保障内容や保険料に納得して保険料を支払っているのであれば問題ないでしょう。
しかし、保険料負担を少しでも減らしたいという方なら、保険を見直してみた方がいいかもしれません。
このまま払い続けていたとしても、途中で解約するとなれば損になってしまう可能性もありますし、保険よりも貯蓄に回した方が得になる場合もあります。

 

生命保険の場合、被保険者が万一亡くなったときのことを考えて死亡保障を付けることになります。この死亡保険金は、日本の平均額が3千万円となっていますから、多くの方が3千万円前後の死亡保障を付けていることになります。
生命保険の保険料は、死亡保障額が高くなればなるほど月々の保険料負担も大きくなりますから、本当にそれだけの保障額が必要かどうかを今一度考えてみましょう。
もちろん子供が小さいうちは、十分な備えがないと不安になります。小学校、中学校、高校、大学と進学していくには、それなりの教育費もかかりますし生活費も必要です。また、子供が2人、3人といるご家庭なら教育費も倍以上かかりますから、3千万円では足りないと感じるかもしれません。
しかし、子供の年齢が上がるにつれて今後の教育費も減っていきます。独立していれば多額の保険金を残す必要はありませんから、保険料を節約することもできるでしょう。配偶者の老後の生活や被保険者の葬儀代、墓代などの必要なお金を残すことを考えればいいわけです。
一戸建てやマンションといった住宅を購入している方であっても、住宅ローンの名義人に万一のことがあった場合は、その後の支払いがなくなりますね。住宅にかかる費用は考える必要がありませんから、残された家族の生活費と教育費を考えて保障額を設定するといいでしょう。

 

保険の見直しを依頼する場合も、あらかじめ希望の保障額を決めておく必要があります。
また、医療保障はいくら付けるのか、特約は何を選ぶかによっても変わってきます。保険料とのバランスをみながら保障を決めていくと、納得のいく保険選びができます。今より好条件の保険が見つかったら、早速乗り換えましょう。
保険料負担で考えると、貯蓄をなくして保障だけに絞った定期保険が安くなっています。しっかりとした保障をつけても、保険料が掛け捨てになる分安く抑えられます。


ホーム RSS購読 サイトマップ