ローマのカーテンのためのコーニス:選択する方法、家のための70以上のエレガントなオプション

ローマのカーテンのためのコーニス:選択する方法、家のための70以上のエレガントなオプション

ローマンカーテンのための軒の天井締め

ローマンカーテンのための軒の天井締め

Cornice for Romanカーテン - スタイリッシュで快適なローラーカーテンを簡単につかむことができる特別なデザインで、ほぼあらゆるスタイルで装飾されたモダンで効果的な外観を与えます。ローマのブラインドは本館の本格的な部分になります。信頼できる機能的で美しいマウントを正しく選択することが重要です。古典的なカーテンとは対照的に、ローマンカーテン用のカーテンロッドを選択するには、窓の大きさとデザインの特徴の両方を考慮する必要があります。それほど重要ではない材料、取り付けの方法と制御機構です。適切に選択されたデザインだけがカーテンの外観を楽しむことができ、長くて中断のないサービスを提供します。

内容:

  • ローマのカーテンのコーニスの特徴
  • ローマのカーテンのためのコーニスの品種
  • ホルダーの種類
  • 管理の種類
  • 材料
  • コーニスとインテリアのスタイルの選択
  • 推奨事項
  • 取り付け
明るい装飾要素でいっぱいの明るい部屋。クラシックなタイプのホルダーを使用して壁に取り付けられ、自動タイプのコントロールが装備された印刷物の高密度ローマンブラインド

明るい装飾要素でいっぱいの明るい部屋。クラシックなタイプのホルダーを使用して壁に取り付けられ、自動タイプのコントロールが装備された印刷物の高密度ローマンブラインド

インテリアの要素にモチーフを取り入れたモダンなダイニングルーム。古典的なタイプのホルダー、自動制御、モダンなプラスチック製のコニシェを備えたローマンブラインド

インテリアの要素にモチーフを取り入れたモダンなダイニングルーム。古典的なタイプのホルダー、自動制御、モダンなプラスチック製のコニシェを備えたローマンブラインド

ベッドルームのコーニスのマルチレベル固定

ベッドルームのコーニスのマルチレベル固定

ローマのカーテンのコーニスの特徴

エレガントで簡潔なローマンブラインドは、インテリアデザインの分野で主導的な地位を確立しています。かつては船上でのみ使用されていましたが、今日はさまざまな家屋、アパート、オフィス、公共施設などで利用されています。しかし、たぶん、そのようなドレープのほとんどは、デザインだけでなく、操作の容易さと位置を調整する能力が大好きです。そして、このすべてに信頼性の高い簡単なアタッチメントシステムを提供します。

ローマンカーテン用の現代のカーテンロッドはすべて、長寿命で信頼性の高い材料で作られており、特別な配慮は必要ありません。また、製品自体は品質を損なうことなく長持ちすることができます。

ローマのカーテンで飾られた多くの窓付きのリビングルーム

ローマのカーテンで飾られた多くの窓付きのリビングルーム

コニシェの締め付けは、壁、天井、または窓の形状の両方に対して行われ、条件の特徴にかかわらず、その便利なモバイルの設計が行われるかどうかは決まらない。

重いまたは多層のローマンブラインドの固定に関する推奨事項:天井取り付けシステム

重いまたは多層のローマンブラインドの固定に関する推奨事項:天井取り付けシステム

信頼できる天井マウント付きローマンカーテン1個

信頼できる天井マウント付きローマンカーテン1個

非標準の窓にローマンカーテンを固定する天井構造

非標準の窓にローマンカーテンを固定する天井構造

アドバイス! ローマのカーテンがスペースセパレータとして使用されている場合(例えば、出入り口やスクリーンとして使用されている場合)、天井吊り天井を使用してください。

カーテン自体は特殊な粘着テープで隅角に付けられています。後者は、フランス語やオーストリア語などのローマ字と他の種類のカーテンを固定するために使用できます。そのような機能的な機能は、部屋のデザインを変更する必要がある場合に役立ち、コニice自体は同じままです。

特別な粘着テープローマンブラインドの助けを借りてコニュニスに固定する自動制御タイプ

特別な粘着テープローマンブラインドの助けを借りてコニュニスに固定する自動制御タイプ

ローマのカーテンのためのコーニスの品種

ローマンカーテンのカーテンロッドの選択は、窓の開口部の寸法、特定のモデルの操作の容易性、およびそれが設置される部屋の内部のスタイルへの適合に大きく依存する。

ローマンカーテンを取り付けるためのコーニスの主なタイプは、従来、次の3つのグループに分かれています。

  1. ホルダーの種類、窓開口の特性。
  2. 管理のタイプ。
  3. 材料。

ホルダーの種類

リビングルームの各窓にコーニスを固定する2つのタイプ

リビングルームの各窓にコーニスを固定する2つのタイプ

ローマンカーテンのための軒先の選択は、その大きさを含む窓開口部の構造的特徴によって主に影響を受ける:

  • 窓の開口部の標準サイズでは、窓の上の壁に固定された古典的なタイプのホルダーを備えたコーニスが適しています。折りたたまれていない状態のカーテンのレベルは、壁の平面と一致し、団結の錯覚を作り出します。
古典的なタイプのローマンカーテンホルダーが壁に取り付けられています。これは寝室に最適なオプションで、カーテンを下げる際の光の透過を妨げます

古典的なタイプのローマンカーテンホルダーが壁に取り付けられています。これは寝室に最適なオプションで、カーテンを下げる際の光の透過を妨げます

窓の上の壁に直接固定された古典的なタイプのホルダーの例

窓の上の壁に直接固定された古典的なタイプのホルダーの例

リビングルーム用庇の壁のタイプの例

リビングルーム用庇の壁のタイプの例

  • 小さなサイズの窓またはフレームに直接固定された前提のミニコーニスが使用されます。この固定方法では、窓の隙間が開いたままになります。これにより、スペースを節約し、小さな部屋の寸法に対して合理的に処分することができます。
小さな窓のローマンカーテン用ミニコーニス

小さな窓のローマンカーテン用ミニコーニス

小さな窓にローマンカーテンを取り付けるためのミニコレニス

小さな窓にローマンカーテンを取り付けるためのミニコレニス

ローマンカーテンを取り付けるためのミニカーテンロッドの鮮明な例。このタイプのホルダーはフレームに取り付けられ、開いた窓の敷居を残す

ローマンカーテンを取り付けるためのミニカーテンロッドの鮮明な例。このタイプのホルダーはフレームに取り付けられ、開いた窓の敷居を残す

  • ベベルドタイプのホルダーは、標準以外の傾斜した窓、特にマンサードの窓に設置されています。このデザインは見た目に美しく見え、カーテンを傾斜した位置に固定します。
ローマのカーテンの斜めのホルダー付きコルネイス

ローマのカーテンの斜めのホルダー付きコルネイス

アドバイス! アーチ状の窓には、開口部の形を繰り返す特殊なコーニスがありますが、カーテンは上にならないでしょう。自然光が重要であれば、これは考慮する価値があるe。

標準長方形の2つのウィンドウと1つは家のキャビネットにアーチされています。アーチ状の窓には、特別な楕円形の隅角があります

標準長方形の2つのウィンドウと1つは家のキャビネットにアーチされています。アーチ状の窓には、特別な楕円形の隅角があります

管理の種類

ローマのカーテンは、折り畳まれていない状態と折り畳まれた状態の両方で、効果的な折り目を形成して美しい。持ち上げ機構を備えた丈夫な構造は、スムーズかつスムーズに機能し、最終的にはカーテンの正しい外観に影響します。メンテナンスに問題がないように、適切なタイプのコントロールを選択することが重要です。

  1. コードシステム(コード機構)は、ローマのカーテンを制御する最も簡単な方法です。コードは、コーニスおよびファブリック上の留め具を通過し、後者を所望の位置に容易に固定する。このタイプのコントロールを備えたカーテンは重すぎないようにしてください。許容重量は3,5-3,8 kgです。十分に強固で信頼性の高い構造は、安価で修理が簡単であるという特徴があります。主に壁または天井に取り付けられています。
ローマのカーテンを固定するためのミニコーニスの一例

ローマのカーテンを固定するためのミニコーニスの一例

リネンのローマンカーテンは、コードを使用して制御する最も簡単な方法で

リネンのローマンカーテンは、コードを使用して制御する最も簡単な方法で

  1. この原理によるチェーン(回転チェーン)機構はコードに似ていますが、より高度で信頼性が高く、布の重量を最大にするように設計されています(最大7.5 kg)。カーテンを調整することは、チェーンがユニットを駆動し、ブラインドに取り付けられたテープを引っ張る機械的な設計のためです。この制御方法によるカーテン(窓開口部)の幅は3.5m以内でなければなりません。設計自体は窓開口部の上の壁に固定されているか、フレームに直接固定されています。
折り畳まれた形でローマのカーテンにすばらしい折り目をつくるには、あなたはコントロールが必要です。この場合、チェーンベースの持ち上げ制御機構

折り畳まれた形でローマのカーテンにすばらしい折り目をつくるには、あなたはコントロールが必要です。この場合、チェーンベースの持ち上げ制御機構

ヘビーファブリックローマンカーテンの回転チェーン制御機構

ヘビーファブリックローマンカーテンの回転チェーン制御機構

  1. 自動制御はコンソールや壁面ユニットからローマンブラインドを調整するための特別な電動設計を取り付けることによって実行されます。このタイプの制御は最も便利で、カーテンの重量と寸法を制限するものではなく、ノイズを発生しません。しかし、同様の製品の価格は、手動制御のコーニスよりもはるかに高い。多くの場合、そのような構造は開口の大きな高さに設置される。
ダイニングルームのローマンカーテン

ダイニングルームのローマンカーテン

アドバイス! ファブリックの幅が広いか重いほど、強くて信頼性が高いはずです。コードとチェーンは、マンションの標準的な窓開口部をカバーするローマンカーテンに最適です。

材料

1

ローマンブラインド用のコーニスは、次の材料から作られています:

  • プラスチックは軽くて丈夫で耐久性の高い素材で、チェーンコントロールシステムを備えたコーニスによく使用されます。そのような構造は長い負荷に耐えることができ、様々な色がプラスチックコーニスをほぼ普遍的なものにして、インテリアに適したモデルを選ぶことができます。
通常は、スカンジナビア風のインテリアの場合、窓の装飾を重視しないプラスチック製のコーニスを選択します

通常は、スカンジナビア風のインテリアの場合、窓の装飾を重視しないプラスチック製のコーニスを選択します

  • 木材は、主にコードシステムの管理を伴うコーニスの製造に使用されます。この材料はコストが高いためほとんど使用されませんが、製品は美しく「暖かい」ものであり、長い間役立ちます。木製のコーニスのデザインは、古典的なインテリアに最適です。ここでは、プラスチックや金属が不適切に見えます。
  • アルミ製の金属製のコーニスは、強度が増し、あらゆる重さのカーテンを置くことができるという特徴があります。自動制御システムがアルミニウムコーニスに取り付けられています。そのような構造物は、公共施設に設置されることが最も多いが、特に高い天井高の住宅に適している。

アドバイス! 不規則な形状のウィンドウの場合、個々のスケッチに従ってコニシェを作成する必要があります。さらに、チェーンまたは自動制御メカニズムを指向することは価値があります。

コーニスとインテリアのスタイルの選択

コーニスを選ぶ際の大きな役割は、部屋自体のスタイルによって演じられます。カーテンが内部の完全な部分であるならば、それらの固定は適切でなければならない。

プラスチックコーニスは、ミニマムやスカンジナビアのようなモダンなスタイルで装飾された客室に適しています。このためには、何も装飾されていない白または薄灰色のデザインを選択する必要があります。

クラシックなインテリアは、木製のローマンカーテンのコーニスを補完します。そのような製品の写真は、設計と機能が互換性があることを明確に示しています。構造の外側は、貴重な木の色で塗りつぶされた、滑らかな、中にすることができます。効果的でエレガントな金箔の装飾と木製のスラットを見てください。

木製の柱は、レトロスタイル、国のシャレー、プロヴァンスで装飾されたインテリアに最適にフィットします。後者の場合、白で塗られた木材を使用する方が良いです。

ハイテク、モダン、ロフトのスタイルには、自動制御システムを備えた金属製のアルミコニカルのコールドグロスが最適です。これらの同じ構造は、スマートハウスシステムをインストールするときに使用するのが最も妥当です。

推奨事項

ローマのカーテンのためのコーニスは、今日から特に、すべての味と財布のためのデザインを選ぶのが簡単なので、最も頻繁に準備ができて買われています。これらのオプションは、標準サイズの窓またはドアの開口部に最適です。長く信頼できる設計を保証するためには、実証済みの製造業者の製品を選ぶ価値があります。

標準サイズの窓付きのモダンなバスルームのコーニスとローマンカーテン

標準サイズの窓付きのモダンなバスルームのコーニスとローマンカーテン

しかし、場合によっては、ローマンカーテンを固定するための個別のシステムを作る必要があるかもしれません。例えば、ウィンドウの形状が通常のものと異なる場合や、カーテン自体が複数のレイヤーに組み立てられる場合です。後者の選択肢は、異なるレベルでカーテンを調整し固定する可能性を意味する。

カスタムデザインのクラシックな締め付けデザインを備えたトレンディなモダンなベッドルームデザイン

カスタムデザインのクラシックな締め付けデザインを備えたトレンディなモダンなベッドルームデザイン

カスタムメイドのスカンジナビアのドローイングルームは、

カスタムメイドのスカンジナビアのドローイングルームは、

アドバイス! 多層のローマンブラインドは、天井の構造で固定する方が良いです。異なるレベルでカーテンを固定する必要がある場合は、より便利です。

隠しファスニング構造の多層ローマンブラインド

隠しファスニング構造の多層ローマンブラインド

ローマのカーテンを固定するための構造は、目に見える必要はありません。隠されたタイプのメカニズムがあります。カーテンが単に空中にぶら下がっているかのように、外部からは見えません。このオプションは、現代のインテリアに最適です。

隠しタイプのローマンカーテンを固定するためのミニコーニス

隠しタイプのローマンカーテンを固定するためのミニコーニス

コニシェの隠された固定構造

コニシェの隠された固定構造

寝室には2つのタイプのコニシェがあります:普通のカーテン用にオープンし、ローマンカーテン用に隠されています

寝室には2つのタイプのコニシェがあります:普通のカーテン用にオープンし、ローマンカーテン用に隠されています

ホームオフィスのインテリアのためのローマンカーテンを固定する隠されたデザイン

ホームオフィスのインテリアのためのローマンカーテンを固定する隠されたデザイン

ファブリックの層の下の固定構造を隠すことは非常に簡単です。キャノピーの一種で、カーテンや他のテキスタイルと色を組み合わせてインテリアを装飾します。

隠された固定構造のトスカーナのバスルーム。コニカスの上に白い密集した生地がキャノピー効果を作り出します

隠された固定構造のトスカーナのバスルーム。コニカスの上に白い密集した生地がキャノピー効果を作り出します

ファスニング構造をカバーするテキスタイルキャノピー付きのローマンカーテンの制御のチェーンタイプ

ファスニング構造をカバーするテキスタイルキャノピー付きのローマンカーテンの制御のチェーンタイプ

ローマンカーテン用の天幕を天井に固定する際には、装飾パネル、窓枠、または広い天井の​​斜め掛けなどの他の内部要素によってマスクすることができます。このような決定は、新古典派のスタイル、ロフト、モダン、エスニックのデザインに適しています。

ローマのカーテンのためのコーニス:モンタージュ

実質的にローマのカーテンのための隅々は、あなた自身の手で、基本的なスキルと一緒にインストールするのは簡単です:

  1. 壁または天井(適切な取り付け方法に応じて)で、留め具が配置されるポイントをマークします。それらは、カーテンが窓の開口部の平面から3cm後退している口座に配置する必要があります。
  2. ドリルでマーキングに穴を開ける。
  3. セルフタッピングネジは、ファスナーに付属のブラケットを固定します。
  4. ブラケットにコーニスを取り付け、カーテンをその上に固定し、ウェブの上部の粘着テープにストリップを取り付けます。しっかりと押してください。

アドバイス! ローマンカーテンを設置する前に、底に重りバーがあることを確認してください。すばらしい折り目の形成とカーテンの底部の確実な固定を担当するのは彼女です。

ローマのカーテンのためのコルニツェ:ローマのカーテンの下部に折り目が形成されるためには、

ローマンカーテンの下部に折り目が形成されるためには、

ローマンカーテンのために適切に選択されたコーニスは、カーテンの確実な固定と調整を保証し、内部にうまく収まり、非常に長い時間続くでしょう。

1
1 Звезда2 Звезды3 Звезды4 Звезды5 Звезд (9 оценок, среднее: 5.00 из 5)
Loading...
Like this post? Please share to your friends:
Leave a Reply

+ 46 = 53

;-) :| :x :twisted: :smile: :shock: :sad: :roll: :razz: :oops: :o :mrgreen: :lol: :idea: :grin: :evil: :cry: :cool: :arrow: :???: :?: :!:

map